れぽぺす

自由気ままに、自分勝手な備忘録

れぽぺす

容赦なしの片付けの方法。

f:id:mare-ch:20171117025621p:plain

片付けには覚悟いります。

 

ものと自分

生活するためにものは必要です。どんなミニマリストでも最低限ではありますがものを所有しています。

基本的に必要だからものは増えていきますよね。

ですがいつの間にか全然使ってないものの方が増えてきます。というか必要と思って手に入れたはずなのに実際は使っていないもの。

そしていざ捨てようと思っても捨てられない。もったいない。捨てるほどでもない。

まぁこれ普通ですよね。

でも片付けることにおいて「捨てること」は必要不可欠な行為になります。

そして何を捨てて何を残すべきか見極める作業が捨てる前の工程として当然出てきます。 

片付けが苦手な人はこの見極め作業が面倒くさいんですね。だからとりあえず残しちゃう。

あなたにとって そのものは、今後本当に必要でしょうか?残すほど大切でしょうか? 

 

片付けたあとの景色

不要なものは捨てた方が部屋は片付きます。とはいっても、当然必要なもの大切なものは残すわけです。

これは個人的な意見ですが、片付いている部屋の基準は掃除がしやすいことだと思います。

ちなみに片付けと掃除は別物。混同してはいけません。

掃除とは床や棚、そして置いてあるものについてるほこりや汚れをとることです。

部屋にものが散乱していると掃除できません。掃除する前に片付けなきゃいけません。

そうなると、片付けるの面倒だし、そのあとの掃除も面倒。「まぁいっか」と放置。時間がたつとほこりはたまり部屋が汚くなる一方。片付けも掃除も放置すればするほどやらなくなります。

でも部屋に、ものはあるけれど掃除がとても楽にできる。これは部屋が片付いてる証拠です。

掃除が楽だと掃除することが面倒と思わなくなります。そうすると部屋は常にきれいです。

普段から部屋が片付いてるかどうかで景色はだいぶ違ってくるでしょう。

 

覚悟をもつ

片付けることが習慣になっている人であれば、ものが増えても部屋はきれいなものです。

でもそうでない人の場合、おそらくきれいを維持できないでしょう。

でも仕方ないんですよね。片付けが苦手って人からしてみたら本当できないものなんですよね。それにそもそも散らかってる方が落ち着くって人もいますし。

けどもしあなたが「片付けたい気持ちはあるのだけど、なかなかうまくできないって人」なら、覚悟を持つ必要があります。捨てる覚悟を。

前述したように、片付けることにおいて、捨てることは必要不可欠です。

不要なものを捨てる覚悟を持って、ものとにらめっこしましょう。

そして見極めたら容赦なく捨ててしまいましょう。

 

まとめ

片付けるのがうまい人って片付けるのが好きなんですよね。よく片付けの本とか収納術の本とかありますが、あれに出てくる人たちって片付けるのが趣味くらいになっているんですよ。もう苦手な人からしてみたら特殊能力ですよね(汗)

片付けるとは奥深いものです。1つ1つものの形や用途は違いますし、どの場所に置いておくのかという問題も出てきます。

でも、なぜそもそも片付けるのか?

結局は生活しやすい空間、作業しやすい空間を求めているのだと思います。

捨てることが片付けのすべてではありませんが、本当に自分にとって必要なものかどうかを見極めることが片付けの第一歩になると思います。

ときには容赦なく決断することも大切です。

 

広告を非表示にする