れぽぺす

自由気ままに、自分勝手な備忘録

れぽぺす

ベーシックインカムとは

f:id:mare-ch:20171115021353p:plain

ベーシックインカムって知っていますか?

 

ベーシックインカムって?

ベーシックインカムという言葉を聞いたことがありますか?

ベーシックインカムを簡単に説明すると

「国民一人一人に対し、生活に必要最低限のお金を、政府が給付する制度」

※一時的ではなく毎月です。

日本の場合ですと、ベーシックインカムが導入した場合に支給される額は月7~8万円くらいであるといわれています。

ベーシックインカム - Wikipedia

 

ベーシックインカム生活保護の違い

ベーシックインカムを語るうえで切り離せないのが生活保護

生活保護 - Wikipedia

国民の最低限の生活を守るという点では、どちらも同じ意味合いですが、支給対象が違います。

ベーシックインカムの支給対象は国民全員(年齢、性別など関係ありません)

これに対し

生活保護は、支給される基準を満たしているかどうかの厳しい審査があり、その審査を通った人が支給対象となります。

 

ベーシックインカムの問題点

メリットばかりではないかと思われるベーシックインカムですが、問題点も当然あります。

大きくは2つ。

①「ベーシックインカムの財源はどこから捻出するのか」

②「働かない人が増えるのでは」

があげられます。

①「ベーシックインカムの財源はどこから捻出するのか」

これに対しては

・現在の社会保障制度を一掃する(年金、生活保護等をやめる)

・予算を見直して無駄な事業をやめる

・消費税を上げるなどなど...

堀江貴文さんがベーシックインカムの財源について書いていたので、真剣にシミュレーションしてみた

②「働かない人が増えるのでは」

これに対しては

月7~8万では、そんな簡単に今の仕事を投げ出すだろうか?

むしろ収入を増やすために働き続けるのでは?

などの意見もあります。

ベーシックインカム導入で人は働かなくなるのか?について仕事の役割から考える。 - 世の中はクソである。

 

まとめ

個人的にベーシックインカムは賛成です。

それは単に月々生活に必要な額が支給されていて楽になるからというものではなく、仕事をするにしても、仕事せずに暮らすにしても自分自身の「やりたいこと」「実現してみたいこと」にフォーカスできるからです。

本来であれば「生活」のための仕事というのがはじめにあって、そのうえで「やりたいこと」「実現したいこと」をするという順番だと思います。

戦後の日本のように仕事にありつけるだけで幸せなことと感じていた時代には「生活」できることが幸せだったのです。

ですが、現代では生活は何とか確保できる。それよりも自分の夢や目標などのほうが重要という考え方です。

当然皆がそうではないですがね。

ベーシックインカムはわかりやすく平等な政策です。

現在の社会保障制度はそもそも何の制度があるのか役所に聞かないとわからないものがほとんどでしょう。前述した生活保護でも生活に困ったらすぐにもらえるというわけでもないですし。

生活保護の言葉は知っていても厳しい審査があることなんてわからない人多いと思います。(特に若い世代は)

新しいことにはリスクがあるのも当然のことです。反対する人の意見も一理あるでしょう。

10数年後の日本は今のままなのか?とふと思うこの頃です。

 

広告を非表示にする