れぽぺす

自由気ままに、自分勝手な備忘録

れぽぺす

ギター初心者の心得

f:id:mare-ch:20171109223038p:plain

すべてのギター少年、少女に捧ぐ

 

音楽に酔え

音楽を聴くのが嫌な人間はいるのだろうか?

大体は物心つく前、いやいやもう生まれる前から音楽を聴いてたかもしれない。

母親の子守歌に始まって、今はどんな音が心の中に響いてますか?

今は本当にいい時代で、聴きたい音楽にすぐたどり着けますね。

音楽を聴いて酔いしれて、歌いたくなって、弾きたくなって…

かつてのギター小僧がこれからギター弾こうってやつに捧げます。

 

聴く

もう聴いてるよね。

でもギター弾こうと思ったらもっともっと聴かなきゃです。

いいなぁと思った音楽聴きまくろう。

リズムを感じ、歌でメロディーを知って、ギターの音を、耳に、体に刻もう。

ギターの音を口ずさもう

口ずさみながらエアギターがスタートライン。

頭の中ではギタリスト。

 

買う

ギターが欲しいってくらいまでなったら、迷わず買っちゃおう

相談必要ない。あっ、お財布とは相談して(汗)

安物でもいいから。メーカーも気にしてる暇なんかない。

「ちょっといいやつ買おう」とか「どのメーカーがいいのか」って悩む楽しみは弾けるようになってギターをグレードアップする頃までとっておこう。

最初は、というか常にだけど、ギターに触ることが一番大事。

そして記念すべきあなたの初代ギターとご対面です。 

 

弾く

ギターを手に入れたら…

はい!もう弾くに限ります!

「いやいや弾けないし」「初心者だし」っていうかもしれないけど、誰かに習うとしても、独学でやろうとしても、結局弾かなきゃ始まんないです

弾けなくても弾くんです。失敗しても弾くんです。できずにブルーになっても、やっぱり弾くんです。

何回もバカみたいに失敗して、自分がみじめになって、それでも弾き続けたやつだけがうまくなる

基礎なんていらない。

はじめから弾きたい曲弾けばいい。それがどんなに難易度高くても。

これは自分の経験ですが、弾き続けていると後で基礎の重要さが身に染みてきます。

うまくなってきて、バンドとか組んだりなんかして、ライブとかしてたら、嫌でも基礎の重要さがわかります。

結局、教則本どおり弾こうが、好き勝手弾こうがあんま変わんない。

 

おわりに

自分自身の話を少ししますと、中学の頃にギターを覚え、高校入る手前あたりで初代マイギターを手に入れました。

ギターを手にして、弾きたいのに弾けない歯がゆさがあったのを今でも覚えています。

そこから、自分が半分でも納得のいくほど弾けるようになった頃には、もうギター歴5年は過ぎていました。

当然毎日何時間も弾いてたわけではなく、極めて軽い趣味のノリでしたが、なぜかギターをやめることはなかったです。

ギターから「何事も好きで続けていると何とでもなる」と教わったように思えます。

これからギターを始めようと思ってるやつに何か言えるとしたら

「ギターが好きで弾き続けてたらギターは裏切らない」ってことですね。

下手と言われようが、弾けない曲があろうが、自分が弾いてて楽しけりゃそれだけでいいんです

 

広告を非表示にする