れぽぺす

自由気ままに、自分勝手な備忘録

れぽぺす

アルコールの分解時間を知ろう

f:id:mare-ch:20171110224441p:plain

飲むの大好きな人、付き合いで飲まざるを得ない人必見!

 

日常のアルコール摂取

あなたはお酒好きですか?

単にアルコール摂取といえど、人によって度合いが違ってきますよね。

多くの人は「誰かと飲む」いわゆる飲み会、食事会での摂取でしょう。

特に会社勤めであれば、仲間同士での飲み会や打ち上げから、忘年会や新年会、暑気払いといった出来れば全員参加で的な飲み会。いずれにしても付き合いで飲む機会が多いのではないでしょうか。

お酒好きな人なら、家で一人晩酌ってのもよくあることでしょう。

全く飲めない人、飲まない主義な人もいますが、アルコール摂取は日常的なことですよね。

自分の摂取許容範囲とでもいうのでしょうか、そういうものを理解できたら楽しく酔うことができるような気もします。

 

いずれは分解

飲むのをやめれば、いずれはアルコールは分解してシラフに戻ります。

お酒で失敗しないためにも、飲んだ量に応じて、あとどのくらいでアルコールが分解するかががわかれば、いい目安となって安心して飲めると思いませんか?

大概が夜に飲むことがほとんどだと思います。(昼間から飲むぜって人もいますが)

なので気になるのは次の日の仕事に響くかどうか。まぁ「二日酔いにならなければよしとしよう」って感覚でしょうか。次の日が休日でも二日酔いは避けたいものです。

でもアルコールの分解時間がある程度予測できれば、このぐらいまでなら飲んで大丈夫という自分なりのアルコール摂取の許容範囲がみえてきますよね。

わたくしもお酒は大好きで今まで再三、二日酔いやら何やらで後悔することがありました(泣)

でも今はこういう便利なサイトがあるんですよね。

アルコール計算機~分解時間と血中濃度~

もっと早くみてればよかった…って後悔するのはさておき、分解時間の目安を知れば飲んだ後の心配も軽減されて安心して飲めますね。

 

失敗…二日酔い

いくら気をつけたつもりでも二日酔いになっちゃうことはありますね(泣)

二日酔いは経験したことがある人ならわかると思いますが、とにかく気持ち悪い

動けない吐き気があるなどなどもう飲みすぎたこと後悔するばかりです。

でもなんとかはやく二日酔いから脱したい。

そのためによく言われるのは水を飲むことですね。これが一番な気もします。

アルコールの分解を自然に待つより、水を飲んで少しでも分解の時間を早める。

でも飲みすぎるとリバースする可能性もあるので注意です。

 

まとめ

お酒の楽しみ方は人によって様々です。

「皆で楽しく騒ぎたい」

「お酒そのものの味を追求する」

「とにかく酔って何もかも忘れたい」etc...

楽しいままで、ほろ酔いで気持ちよくなれれば一番いいのですが、記憶をなくしたり、ケンカになったり、何かとトラブルになりうるのもまた事実。

そして飲みすぎた後の二日酔い。

アルコール摂取のメリットデメリットを総合的に考慮して楽しく飲めれば、それに越したことないのですが、人間そうもいきませんよね。たまにゃ二日酔いとか無視してガンガン飲もうぜって時もあるでしょう。

それでもアルコールの分解時間がどのくらいなのか知っておくだけで、無意識にブレーキをかけることができる気もします。

やはり飲んでる時も飲んだ後も気持ちよくあるのが一番です。

 

広告を非表示にする